【満足】鎌倉の定番スポット詰め放題プランのご紹介

鎌倉観光

今回は、鎌倉の定番スポットを1日で行けるだけ行った行き当たりばったりの旅行プランの紹介をします。

もう鎌倉は1年くらい行かなくてもいいかなって思えるプランだと自負しています。

本記事は

  • 鎌倉久しぶりに行きたいけど、どこいけばよかったっけ?
  • 鎌倉じつは行ったことない

という人向けに書いています。

駐車場の常識を壊すサービス

今回、私たちは友人の車で鎌倉まで行って、徒歩と江ノ電で鎌倉を夕方まで楽しみ帰り際に温泉に入って旅を締めくくりました。

akippa(あきっぱ)

私は今回の鎌倉旅行でakippaという駐車サービスを利用しました。

このサービスは従来の駐車場の常識をぶち壊しているんです。

観光地の駐車場はおおくが

  • 料金設定が高い
  • すぐに満車

といったものが多く、多くのお父さんが苦労したのではないでしょうか?

でも、akippaを使えば全国のお父さんの苦労が1つなくなるなんです。

なんたって、akippaは駐車場は予約制。料金はカード払い。

私たちが利用した駐車場は、鎌倉駅から徒歩6分で1日1800円でした。

1日見かけた駐車場の料金を注目していたのですが、これより安い駐車場はありませんでした。

akippaについてはまた別に記事を書きます。

鎌倉定番スポット詰め放題ぷらん概要

スタートは鎌倉駅→長谷寺→高徳院→小町通り→明月院→鶴岡八幡宮→稲村ケ崎温泉

こちらが訪れた観光スポットです。

それぞれの合間で食べ歩きを挟んで堪能しました。

詳しく紹介していきまーす

鎌倉駅から長谷寺・高徳院

鎌倉駅からはさっそく江ノ電を使って長谷寺と高徳院に行ってきました。

長谷寺は400円の入館料を払って(suica)40分ほど楽しみました。

特に、長谷寺内から鎌倉を一望できるスペースがおすすめです。

次に行った高徳院はイケメンで有名な大仏があります。

こちらは入館料300円で現金のみ

私は、大仏様のごりっぱさも好きなのですが、その後ろの庭園も素敵なのでおすすめです

長谷寺と高徳院は江ノ電の駅名にもなっているので、ほとんどの人が訪れます。

夏場は暑いので、高徳院まで歩いたらすぐ近くにあるほうじ茶STANDで休憩しましょう。

ほうじ茶STANDで私はほうじ茶アイスをいただきました。

 

鎌倉駅に戻る途中で出会った甘味

さて、ほうじ茶スタンドで回復後はもう1度江ノ電に乗って鎌倉駅を目指します。

鎌倉駅まで残り1駅のところで、とても風情のあるお店を偶然見つけたので予定変更していってきました。

やっぱ、江ノ電は普通の電車と違い民家と電車の距離が近いのが特徴ですよね。

私たちが訪れたのは無心庵という和菓子屋です。

お店の中から、江ノ電が観ることができます。

クーラーと昔ながらの扇風機そしてたまに通る江ノ電を和室から眺めながらみつ豆を待ってました。

写真

小町通から北鎌倉へ

無心庵から鎌倉駅までは徒歩で10分ほど

次の食事のために、歩いて向かいました。

さて、鎌倉といえばの小町通

私が訪れたのは8月の平日だったこともあるとおもいますが、1番人通りのすくない小町通でした。

小町通では、

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました