1分で話せを就活に挑む大学生が書評してみた

1分で話せBOOK

公開日2021年2月28日

今回は「1分で話せ」を読んだので解説していきます。

私は現在就職活動中で面接で1分で伝える技術を身に着けるために「1分で話せ」を購入しました。

この記事を読んで欲しい方

  • 1分で話せに興味がある人
  • シンプルに伝える技術が欲しい人

「1分で話せ」著者紹介

「1分で話せ」の著者は伊藤洋一さん

彼はこんな方

  • ヤフーアカデミア学長としてプレゼンテーションの指導をしている
  • グロービス経営大学の客員教授
  • 2011年、ソフトバンクアカデミアのプレゼン大会で2位

そんな洋一さんが長い時間をかけて蓄積してきた「伝える」技術が詰まった本が

「1分で話せ」です。

本屋に溢れる、「論理的な話し方」、「プレゼン」の本ではないんです。

「1分で話せ」あらすじ

この本は序章から7章

  • 伝えるために考えるべきこと
  • 伝えるための基本事項
  • 1分で伝える方法
  • スッキリ・カンタンでいこう
  • 1分でその気になってもらう
  • 1分で動いてもらう
  • 伝え方のパターンを知っておこう
  • 5つのビジネスシーンで伝える技術の活用法

本のタイトルが「1分で話せ」なこともあり、本書では1分でロジカルに伝える方法を教えてくれます。

この1冊で伝えるための技術を盛り込んであるので、他の本2,3冊手を出すよりコスパ高いです!

「1分で話せ」を読んで実践していること

現在就活中の私がが「1分で話せ」を読んでみて実践していることは、ピラミッドで考えるです。

自分の主張を頂点に、それを支える根拠が3つ!

このピラミッド構造を意識して就活の面接を行っています。

自分の主張を支える根拠が3つ準備出来ない主張は面接では話しません。

「1分で話せ」まとめ

1分で話せを読んでから変わったことは意見を述べるときにあわてなくなった。

「1分で話せ」を読むまでは自分には関係ないかな~と思ってました。

でも、本の表紙に「大事なことけシンプルに伝える技術」と書いてあり手に取りました。

あのときの自分を褒めたい。

以上、簡単に「1分で話せ」を解説しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました